一定期間更新がないため広告を表示しています


先月、サニーボーイにて1500円くらいで購入。

LP2枚組。

彼らのアルバムでは一番聴かないCDなんだけど、
レコードだとぜんぜん印象が違った。

冗長な感じが全くしない。
A面B面C面D面と4つに分かれてるから
それぞれで楽しめるっちゅーのがええですな。

C面1曲目の
チバひとり小芝居で始まるあたりが面白すぎて好き。

『…サソリは元気か』
『ボギー? ああ、俺とタメだから』
『…死んだ?』

まあ
まあまあ

かっこいいお名前のお知り合いがいらっしゃるんですねー

ボギーさんお亡くなりになったんですねー
080601_2148~0001.jpg
福岡のチクロマーケットにて1000円くらいで購入。
若かりしころのビョークが在籍していたシュガーキューブスの2nd。

中学のころ、BUCK-TICKかチェッカーズかのメンバーがやってたNHKの音楽番組ではじめて彼らの存在を知った。

ビョークは当時から圧倒的に凄うございました。
という思い出プラスお求めやすいプライスで購入に至るというわけです。
しかしネットがない時代は本当に情報集めるのが難しかったな。そこが面白くもあったんだけど。

かつての入手難音源/映像も
今ではgoogleで一発です。

アナログ盤は当分70年代あたりに照準を絞って買いそろえたいところ。そんなわけでスライ&ザ・ファミリーストーン。正直なところ、あんまり思い入れがあるわけではない。


「アナログプレイヤー入手したことだし、ちょっとファンクでもいってみましょうか」
くらいの軽いノリで買ってみました。

Stand
There's a Riot Goin' On
Fresh

の3つを押さえればいいかなー、くらいの軽い気分で。

ファンクってもうちょい軽いものかと思ったけど、
予備知識なく聴いてみた『暴動』は何とも不可思議な重さを感じさせる逸品でした。

ウィキペディアで調べてみて納得。
Freshも持っているんだけど、俄然こっちが好き。

ちなみにこの『暴動』を聴いていると、
うちのベビ郎は食欲がなくなります。

音楽の力って凄いですね。


アナログプレイヤーを購入しました。

はじめて針を落としたのがこれ。

一枚目はベタなプログレと決めていたのです。



長崎市の中古レコード店サニーボーイにて900円くらいで購入。
歌詞カードやライナーノーツも当時のものが残されていました。

「男の男による男のためのロック それがキングクリムゾン」などと、いま読むと赤面モノのコピーが誇らしげに書いてあったり。

1曲目『Great Deceiver』がスピーカーから流れる。
予想以上に音がキレイ。
そして温かい。

久しぶりにクリムゾン聴いた。
アナログ盤で聴くと趣深さも倍。
たのしい。

これに味をしめた僕は、中高生の頃に聴いていたアルバムを
アナログ盤であらためて買い直すことになるのです。

そのへんの記録も今後はこのブログで公開していきます。
1